八日後の空が何色かなんて

誰にも分からないでしょ?

28.ピングレ出のシゲ担が側にいた話(?)

 

 
先月小山慶一郎出演舞台、グレート・ネイチャーを観劇してきた。手元にあるチケットは2枚。6月に一緒にNEWSコンに入った親友は仕事。他Gファンの友達数人も予定があり困っていた。
そこでふと思い出した。高校の同級生にシゲ担がいる、と。
彼女は同じ部活だったが殆ど関わりがなかった為お互いのことをよく知らず。ただ必要があったから連絡先は交換していた。
6月にあった市内の新社会人対象のセミナーで彼女と再会した。そのセミナーで彼女が「NEWS担」であり「シゲ担」であることを知った。
 
ダメ元で舞台のお誘いをしたら休みとれたら…!とのこと。あまり期待しないでいたら行けることになった。
ということで初遊びが遠征になったわけだが道中、何出のシゲ担なのか聞いた。
 
「ピンクとグレーがきっかけなの」
 
まじか。まじか。
「NEWSのこと全然知らなかったけど本屋でたまたま見かけてタイトルと表紙に惹かれて」
「そこからNEWSを知って加藤さんを知って」
「3年間先生の本で読書感想文書いたよ」
まじか。
ピングレ出のシゲ担が身近にいた。
そんなのいっぱいいるだろうし閃スク出とかBurn.出とかカサアリ出とかもいると思う。
【NEWSを全然知らない状況で本を読んで作者に興味を持つ】
って本の内容がホンモノだってことでしょう?映画化もされるしホンモノなのは十分に分かってはいるけれど。
まず「本を買う」って行為自体が大変だと思う。本当に好きな作家でなければあの大きな本にお金をかけられない。(私だけかな)。
それで買って作者に興味持ってグループを好きになる。
そういう人が増えれば少しでも増えればいいなと思った。
閃光スクランブルも文庫化されるようで手に取りやすくなると思うし母校の図書館にも全作置いてあったからタダで読めるのだから少しでも興味あったら読んでみてほしい。そこから他の作者さんの本に興味持って読んでもいいしNEWSに興味持ってもいいしとにかく本を!読もうぜ!って話。
 
そんな私は最近本が読みたい!と言ってTSUTAYAで2冊買った。まだ読んでない本があるのにも関わらず。とりあえず少しずつ読み進めていこう。読書の秋だし。(自担が○○の秋っていうの嫌いって言ってるのは知ってる)(ごめん)